HOME>歴史・芸能・文化>歴史博物館で横浜を学ぼう

建物本体に歴史的価値があります

みなとみらい線、馬車道駅から歩いて2分の神奈川県立歴史博物館は、明治時代に建設された由緒ある銀行の建物を使用しています。この国の重要文化財である旧横浜正金銀行は明治37年に建てられたもので、格式ある重厚な外観はとても印象的です。館内は5つの展示テーマ分かれており、旧石器時代から現代までの豊富な資料が展示されていています。それにより、様々な観点から神奈川県を中心とした日本の歴史を学ぶことができます。特に、横浜開港と近代化に関する資料は充実しており、博物館の建物模型や神奈川横浜新開港図などの展示は見ごたえがあります。また、常設展示の他にも、学芸員の研究成果などを展示する特別展や特別陳列、コレクション展示なども定期的に開催しています。図書の閲覧や映像の利用もでき、子供向けの体験講座なども実施されるので、小中学生の夏休みの研究課題の作成にも多いに活用できるでしょう。当館は、2016年から改修工事のために一時休館し、2018年4月に再開したので内部は綺麗に改築されていて、気持ちよく利用できます。さらに総合案内にて車椅子やベビーカー貸出等もあり、車椅子用トイレおむつ換え台などもあります。障害者や赤ちゃん連れの方にも優しいつくりになっているので、誰もが安心して利用することができます。また、館内ではスマートフォンでの展示音声ガイドがあるので利用するとよいでしょう。

新着記事リスト